企業看護師 英語

企業看護師で英語力が必要になるケースは?

企業に努めて社員を治療する「企業看護師」。
企業看護師の扱い自体は一般社員と同じになるため、病院勤務の看護師として働くのに比べて待遇や収入の面で有利です。

 

そこで企業看護師を目指す際に様々な疑問が生まれますが、人によって思うのは、「英語は必要か」ということ。最近の企業は「グローバル」という言葉を連呼しており、世界に向けた会社づくりが急速に進められています。楽天のように社内公用語を英語にした、なんて企業もありますし、考えなければならないのが英語の学習です。

 

企業看護師で英語を使うケースは以下の場合になります。
1.外資系の医療メーカーに勤務した場合(フィールドナース)
2.海外進出している企業の医務室に勤務した場合(産業看護師)

 

しかし今現在、外資系企業やその他の一部の企業以外の企業看護師を目指すなら英語は要らないといえるでしょう。なぜなら、相手は社員だけだからです。

 

英語を話せれば外資系企業の企業看護師にもなりやすいですし、もしも自社に外国人の社員がいるなら英語を話せて損は無いかもしれませんが、基本的に日本の企業の社員は日本人です。日本語が通じるのです。

 

ですので、企業看護師にとって英語はあくまで「付加価値」なのです。病院勤務とは違って企業看護師なら休日は休めます。ですので、時間があるなら英語の学習もしてみてもいいかもしれませんよ。

企業看護師,英語「企業看護師の求人に強い求人サイト」ランキング
企業看護師,英語看護roo! 企業看護師,英語ナース人材バンク 企業看護師,英語ナースではたらこ

企業看護師,英語

問題のある求人は除外!好条件の求人のみを紹介!
【関東・関西・東海に対応】

企業看護師,英語

紹介実績1位。最大規模の求人サイト。
【全国対応】

企業看護師,英語

転職支援金最大10万円!求人がなくても逆指名できる。
【全国対応】