企業看護師 産業保健師

企業看護師と産業保健師

企業看護師,産業保健師,違い

最近良く聞くのが「企業看護師」という言葉と「産業保健師」という言葉。

 

保健師、看護師といったよく違いの分からない言葉が並ぶため、「何が違うの?」と疑問に思う方も居るかもしれません。

 

さて、それでは「企業看護師」と「産業保健師」の違いとは何なのでしょうか。

 

企業看護師は、社員の健康管理のほか病気の治療などにもあたる看護師です。このような職種を企業看護師の中でも「産業看護師」と呼んでいます。

 

ほかにも「企業看護師」の中には新薬の開発に関わる「治験コーディネーター」「臨床開発モニター」、医療機器メーカーに勤務する「フィールドナース」などがいます。

 

それに対して産業保健師は「予防」に徹する仕事を行います。労働環境の問題点を指摘したり、社員ひとりひとりの健康管理を行ったり、カウンセリングを投資て悩みを解決したり、というのがその仕事の一部です。健康保険組合、企業の保健センター、医務室には必ず保健師がいます。

 

企業にとって社員は財産とも言いますので、このような職業の人がいるのですね。これら「企業看護師」と「産業保健師」は一般的な病院に務めるのに比べて待遇がよく、夜勤などもないですし、休日はしっかりと休むことが出来るなどの利点を持っています。

 

もし今の労働環境に不満を持っている看護師の方がいらっしゃいましたら、このような職種への転職も視野にいれてみてはいかがですか?


企業看護師,産業保健師,違い「企業看護師の求人に強い求人サイト」ランキング
企業看護師,産業保健師,違い看護roo! 企業看護師,産業保健師,違いナース人材バンク 企業看護師,産業保健師,違いナースではたらこ

企業看護師,産業保健師,違い

問題のある求人は除外!好条件の求人のみを紹介!
【関東・関西・東海に対応】

企業看護師,産業保健師,違い

紹介実績1位。最大規模の求人サイト。
【全国対応】

企業看護師,産業保健師,違い

転職支援金最大10万円!求人がなくても逆指名できる。
【全国対応】